店舗が連なる土手町通り。写真左側が3月に移転する青森銀行土手町支店。道路を挟んだ向かいのビルの1階に紀伊國屋書店弘前店があった

 青森県弘前市を代表する商店街・土手町通りの一角で約100年にわたり営業してきた青森銀行土手町支店が、3月に同市親方町の青銀弘前支店内に移転する。土手町支店の向かいは、昨年5月に閉店した紀伊國屋書店弘前店があった場所。これまで多くの客を集めてきた店舗が、1年足らずの間に相次いで消える。市内の商工関係者からは「空洞化が進んでしまう」と懸念する声が上がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。