第3弾の八戸ワインをPRする澤内オーナー

 青森県八戸市産ブドウを原料に同市で醸造した「八戸ワイン」のサードヴィンテージが完成し、醸造元の澤内醸造(澤内昭宏オーナー)で24日、お披露目された。八戸ワインの醸造は3年目で、今年は昨年までの白とロゼのスパークリングに加えて、白とロゼのワインの計4種類を製造。25日から発売する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。