大きな歓声を上げながらどっぷ引きを楽しむ参加者たち

 青森県つがる市木造館岡地区で昨年12月から週1回、地区の1人暮らし高齢者らが集まりゲームやおしゃべりなどを楽しむ「お楽しみ会」が開かれている。少子高齢化に伴う人口減が続く同地区の住民同士の結び付きを深めようと、住民有志が手作りで開いている。4回目の開催となった21日は館岡コミュニティ消防センターに高齢者約20人が集合、さまざまなゲームやカラオケなどを通して楽しいひと時を過ごした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。