仙台管区気象台は24日、2~4月の3カ月予報を発表した。東北地方の平均気温は平年並み以上となる確率が80%で、日本海側の降雪量が平年より少なくなる確率は50%と予想した。今冬の青森県内はこれまでも暖冬・少雪傾向が続いているが、例年積雪が多い地域でも記録的な少雪となる可能性が出てきた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)