渋谷さん(左)から三味線の弾き方を教わった参加者は「さくらさくら」に挑戦
こけしの絵付けを体験するモニターツアーの参加者たち

 八甲田などを訪れる外国人スキー客の黒石温泉郷への誘客に取り組む青森県黒石市は20、21の両日、市内外の国際交流員や外国語指導助手(ALT)らを招いたモニターツアーを開き、5人が同温泉郷周辺や市街地を巡り、三味線演奏やこけしの絵付け、茶道などを体験した。市は今後、参加者のアンケートを参考とし、外国人向けの観光発信の充実を図る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。