ユーチューブで配信されている「カッチャラップ」の一場面
「カッチャラップ」と南部弁バージョンのラジオ体操が収録されたCDを手に笑顔の十日市さん

 「南部弁ラップはないの?」。青森県五所川原市出身の吉幾三さんの津軽弁ラップ「TSUGARU(つがる)」が話題となったことを受け、八戸市出身のタレント十日市秀悦さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組に要望が相次いだ。期待に応え、歌詞や映像に本家のパロディーをちりばめた「カッチャラップ」を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開すると、じわじわ再生回数が増加。反響を受けて、かねてからCD化を求める声が多かった「南部弁ラジオ体操」も併せて収録したCDを発売した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。