三村知事(左)から表彰状を受け取る受賞者

 青森県は23日、農林水産分野で収益力向上や地域活性化に貢献した2個人5団体を本年度の「青森県攻めの農林水産業賞」として表彰した。収益力強化部門でタムラファーム(弘前市、田村昌司代表取締役)とグリーンソウル(十和田市、米田拓実社長)の2社、農山漁村づくり部門でむつ市の原英輔氏が大賞に選ばれた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)