青森県は23日、人口減少克服に向けた施策や数値目標を取りまとめた「県総合戦略」の第2期戦略(2020~24年度)の案を公表した。第1期戦略(15~19年度)で取り組んだうち、若者の県内定着・還流や県民の健康づくりに関して未達成の項目が多いことを踏まえ、「平均寿命の全国平均との差を縮小する」「県内高卒者の県内就職率を現状より増加させる」など九つの基本目標をあらためて盛り込んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から