第62回グラミー賞にノミネートされているアルバム「ダンサー・イン・ノーホエア」のジャケット

 小学校時代を青森市で過ごし、現在は米ニューヨークを拠点に活動するジャズ作曲家挾間(はざま)美帆さん(33)のアルバム「ダンサー・イン・ノーホエア」が、米音楽界最高の栄誉とされる「第62回グラミー賞」の最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞の候補にノミネートされている。挾間さんは東奥日報取材に「自分の音楽が、より多くの人の目にとまる機会が得られて幸せ」とメッセージを寄せた。候補は挾間さんの作品も含め五つ。日本時間の27日、米ロサンゼルスで発表される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。