北陸電力の金井豊社長は23日、原子力規制委員会で開かれた意見交換の場で、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転を禁じた広島高裁の仮処分決定を示唆して「最近、変な判決はあった」と発言した。終了後の取材に「司法の独立性に異議を唱えたわけではない」と釈明した。

 原発の安全性に関する更田豊志委員長らとのやりとりの中での発言。金井氏は、取材で趣旨を問われると「原子力の審査は一義的には規制委の判断。高度に専門的な内容については、所管行政庁の判断を尊重するのが基本的な考えではないか」との持論を述べた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む