青森県弘前市などでつくる「弘南鉄道大鰐線存続戦略協議会」(会長・大橋忠宏弘前大人文社会科学部教授)が29日に会議を開き解散することが23日、分かった。大鰐線に加え、弘南鉄道が弘前-黒石間で運行する弘南線も赤字幅が拡大しており、両路線維持のため、新たな組織づくりを視野に入れ、発展的に解消する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から