鶴田町産の食材をふんだんに使った限定ランチを食べる来場者たち
10種類の料理でボリュームいっぱいの限定ランチ

 青森県鶴田町のグリーンツーリズムを推進しようと同町の農家有志約10人が23日、道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」のイートインコーナーで町内産の食材をふんだんに使った限定ランチを販売した。多くの来場者が訪れ、「鶴田尽くし」の料理を堪能した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。