日本航空(JAL)は22日、2020年度の夏季ダイヤ(3月29日~10月24日)の運航計画で、青森-東京線の6往復12便のうち、2往復4便の使用機材を大型化すると発表した。期間は、大型連休や夏祭り、お盆などで需要増が見込まれる3月29日~5月31日、8月1~31日。提供座席数は1日当たり最大366席増える。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から