台湾の総統府で、記者会見する蔡英文総統(右)=22日、台北市(共同)

 【台北共同】台湾の蔡英文総統は22日、台北市の総統府で記者会見し、中国湖北省武漢市から感染が広がる新型コロナウイルスによる肺炎について「中国が国際的責任を果たし、感染状況をきちんと公開するよう望む」と述べ、正確な情報を提供するよう要求した。台湾では21日に初めて発症者1人が確認された。

 蔡氏は武漢からの団体旅行の受け入れを停止したと発表。台湾人の武漢行き団体旅行も取りやめるよう観光業者に命じた。武漢以外の中国からの団体旅行に対する制限については「状況を見ながら対応する」とした。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む