下北凧を手にする濱中会長(中央の赤い模様が「ミキ」)

 青森県内には津軽凧(だこ)、青森凧、南部凧といった伝統凧があるが、下北地方には下北半島の形「まさかり」をイメージした「下北凧」がある。約20年前に「下北の凧の会」が考案した。同会は下北独自の凧をアピールしながら、普及と継承に努めている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。