津軽ダム周辺で7年ぶりに繁殖が確認されたオオタカの幼鳥=2019年撮影(岩木川ダム統合管理事務所提供)
津軽ダム周辺で生まれたクマタカのヒナ=2019年撮影(岩木川ダム統合管理事務所提供)

 青森県西目屋村にある津軽ダム周辺の環境を調査・分析する「津軽ダムモニタリング委員会」は21日、本年度の調査結果として、ダム周辺に生息するクマタカ8ペアのうち4ペアが繁殖に成功したと明らかにした。調査対象外のオオタカの生息・繁殖も7年ぶりに確認した。その上で14年から6年間にわたる調査結果を総括し、ダム運用開始前後で大きな環境悪化は起こらなかった-との評価をまとめた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から