ブランデュー弘前FCのメンバーを招いて行われたサッカー教室=18日、弘大付属特別支援学校

 弘前大学は2016年度から、スポーツ庁の「Special プロジェクト2020」事業を受託し、障害者スポーツの拠点づくりを進めている。地域のスポーツ団体などと連携し、大人も子どもも生涯を通してスポーツに親しめる環境を整える取り組みは「弘大モデル」として注目を浴びている。スポーツの楽しさに触れた子どもたちは「自分もできるんだ」と自信を深め、生きる力を身につけている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)