青森県内で暖冬、少雪傾向が続いていることを受け、県は21日の県議会建設常任委員会で、県が委託した除雪業者への影響について調査していると明らかにした。青森市や福島県など一部自治体は、少雪シーズンであっても委託業者に一定額を保証する制度を設けている。県は他県の事例も参考にしながら「少雪時の除雪業務の実態に合った対応を検討したい」との意向を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から