耐震補強工事の必要があるとの結果が出た八戸市営魚菜小売市場

 青森県八戸市は21日、JR陸奥湊駅前地区の市営魚菜小売市場が耐震診断の結果、震度6強で「倒壊、崩壊する危険性がある」との結果が示されたため、耐震補強工事を実施すると発表した。2021年度の着工を見込み、工事期間中は同市場内の店舗が周辺の民間市場などで営業できるよう関係者と協議する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)