特別委で新税の検討状況を質問する議員ら(手前側)=21日、むつ市議会

 むつ市議会は21日、市が創設を検討している使用済み核燃料への新税を審査する特別委員会を設置した。同日の臨時市議会で設置を審議し、全会一致で決定した。名称は「使用済燃料中間貯蔵施設新税調査検討特別委員会」。22議員全員で構成する。4月の議会報告会で、市民からの意見聴取を予定している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から