スポンジ状の人工タンパク質

 深い傷が長期間ふさがらない「難治性皮膚潰瘍」の患部に貼り付けて治療するスポンジ状の人工タンパク質を開発したと、京都大や三洋化成工業(京都市)のチームが21日、発表した。

 現場の医師が主体となる医師主導治験で6人の患者を対象に安全性を既に確認。今年中に三洋化成工業が中心となる企業治験で有効性を調べ、新たな治療法として2022年度中に医療機器としての承認取得を目指す。

 チームは、カイコが産生する繊維状のタンパク質や人の組織を構成する線維からできた「シルクエラスチン」という素材を利用。人体に用いやすいようにこれをスポンジ状に加工した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む