実証運行が始まった貸し切りタクシーに乗り込む利用者=20日午前、黒石市大川原

 青森県内で路線バスの代わりの交通手段として乗り合いタクシーを導入する動きが広がっている。黒石市では20日、市東部の大川原・黒森両地区と市街地をつなぐ貸し切りタクシーの実証運行が始まった。路線バスに乗る人がさらに少なくなり、運行存続が難しくなった場合、どう交通手段を確保できるか探るのが狙いだ。3月19日まで毎日1往復走らせる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。