水分を抜くため干し場につるされていく凍み豆腐=20日午後、三戸町貝守
寒風の中、酸ケ湯温泉従業員が手際よく行った凍み豆腐づくり=20日午前

 三戸町や青森市で20日、冷え込むほどうま味が増すという凍(し)み豆腐作りが行われた。この日は1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒」だったが、県内各地で気温が上がり、一部で3月中旬並みの暖かさとなる中、作り手はやきもきしながら作業にいそしんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。