花壇の中に個人墓を設置し永代供養する普賢院の「ガーデニング葬」(同院提供)

 墓の後継者が減り、墓じまいをしたり、永代供養墓に骨を納めるケースが青森県内で増える一方で「後継者はいないが、他人の骨と混ざってしまう合葬には抵抗がある」という悩みを抱える人も少なくない。そういった人の受け皿になろうと、大間町の「おおま宿坊普賢院」は季節の花が咲く中に個人墓を設置する「ガーデニング葬」という形で永代供養を行っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。