8選を決め万歳する吉田氏(中)と妻美恵子さん(左)=19日午後10時9分、六戸町犬落瀬佐野谷地の事務所

 任期満了に伴う六戸町長選は19日、投票が行われ、即日開票の結果、現職吉田豊氏(69)が3026票を獲得、新人で農業杉山武夫氏(60)を1024票差で破り、8選を果たした。8選は青森県内の現職首長で最多。投票率は55.27%で、前回選挙戦となった2005年の83.21%を27.94ポイント下回り過去最低となった。

 吉田氏は08、12、16年と過去3回連続で無投票当選し、選挙戦は15年ぶり。吉田氏の町政運営に対する審判が最大の争点となった。

 吉田氏は「安全で安心できる町の歩みを進める」と町政の継続を訴えた。同町犬落瀬佐野谷地の事務所には午後10時すぎに当選の一報が入った。70人以上の支持者に拍手で迎えられた吉田氏は「千票以上の差を付けて勝たせていただき、満足している。六戸が県内からも全国からもさらに良い町だと言われるよう努力していく」と抱負を語った。

 吉田氏は3期目途中の05年、旧下田、旧百石両町との合併協議会離脱に伴い辞職したが、出直し選挙で当選した。このため、今回で8選だが任期としては7期目となる。

 杉山氏は告示6日前に出馬を表明。「民意を示そう」「声なき声を上げよう」と無党派層への支持浸透を図ったが及ばなかった。同町犬落瀬明土の自宅兼事務所で落選の知らせを聞き、「吉田町政の継続という民意が表れたことを素直に受け止めたい。無投票が続いた中で、2千票の声を拾い上げることができたと思う」と述べた。

 

六戸町長選
▽有権者数   9,150
▽投票者数   5,057
▽有 効  5,028
▽無 効   29
▽投 票 率   55.27%
 
3,026 吉田豊 69 無現
  2,002 杉山武夫 60 無新