最終日、通算18アンダーで優勝を決めギャラリーの声援に応えるマット・クーチャー=セントーサGC(共同)

 SMBCシンガポール・オープン最終日(19日・シンガポール、セントーサGC=7397ヤード、パー71)アジア・ツアーと共同開催の開幕戦。首位から出たリオデジャネイロ五輪銅メダリストのマット・クーチャー(米国)が70で回って逃げ切り、通算18アンダー、266で優勝した。賞金は1927万9800円。

 リオ五輪金メダリストのジャスティン・ローズ(英国)が3打差の2位。67で回った木下稜介が通算11アンダーの6位、大槻智春と星野陸也が8アンダーの11位となった。石川遼は3アンダーの24位。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む