日米安全保障条約署名60年の記念式典であいさつする安倍首相=19日午後、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)

 現行の日米安全保障条約の署名から丸60年を迎えた19日、日本政府が主催した記念式典が東京都内の飯倉公館で開かれた。安倍晋三首相はあいさつに立ち「今や日米安保条約は、いつの時代にも増して不滅の柱。世界の平和を守り、繁栄を保証する不動の柱だ」と表明した。宇宙やサイバーの新たな領域で日米同盟を強化する意向も強調した。

 式典には麻生太郎副総理や茂木敏充外相、河野太郎防衛相、米国のヤング駐日臨時代理大使らが出席。署名時のアイゼンハワー米大統領の孫メアリーさんも招待された。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む