スタンドアップパドルボードの途中で沖合に流された男性を救助する海保職員=2019年7月(青森海上保安部提供)

 青森海上保安部は17日、2019年の県内の海難発生状況(速報値)を発表した。乗船時や海浜などで人身事故に遭ったのは18年を9人上回る65人と、過去5年間で2番目に高かった。青森海保は「船舶事故や人身事故を防ぐ活動を強化する」(担当者)ため、2月から、県など3機関と共同計画を作成するなど新たな活動を始める方針。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から