香ばしい湯気が立ち上る「弘前の煮玉子屋」の作業場。(左から)幸子さん、七菜さん、泰樹さん3人の家族の笑顔が味に乗る
照りのある深い茶色が美しい「弘前の煮玉子」。ユニークなラベルも目を引く

 青森県弘前市稔町の煮玉子専門店「弘前の煮玉子屋」が全国スーパーマーケット協会主催で6千点余りがエントリーした「お弁当・お惣菜大賞2020」惣菜部門で入選した。石岡泰樹さん(42)が、母幸子さん(67)妻七菜さん(39)と3人で切り盛りする家族経営で、10年かけて県内外で知られる人気の味とブランドにまで育て上げた。3人は「弘前の名前を知ってもらうきっかけにもなれば」と、入選を機にさらなる地域貢献に意欲を見せている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。