県アイスホッケー連盟が3月末での運営撤退を決めた田名部記念アリーナ

 青森県八戸市河原木のアイススケートリンク「田名部記念アリーナ」を運営する県アイスホッケー連盟が3月末でアリーナの運営から撤退することが17日、関係者への取材で分かった。設備の老朽化で多額の改修費用がかかる上、八戸駅西地区に通年型アイスリンクを備えた多目的アリーナが今春オープンすることなどが理由。田名部記念アリーナの土地、設備を所有する同市の総合建設業・田名部組は取材に「連盟の決定に従うしかない。別の運営主体が名乗り出なければ閉鎖せざるを得ない」としている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。