小銭をまいたり拾ったりして住民たちが楽しんだ3年ぶりの「じぇんこまき」=16日午前、東通村上田代地区

 青森県東通村の上田代地区に伝わる風習「じぇんこまき」が16日、3年ぶりに行われた。家々を回っていた従来のやり方から、今年は集会所1カ所に住民が集まる方法に変更。縁起物の小銭をまいたり拾ったりする住民の歓声が、人口30人ほどの山あいの集落に響いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。