建物正面を電線が横切っていた埋設前(写真下)と、埋設後の青銀記念館(同上)。建物前の空間がすっきりし、景観が大きく向上した

 青森県弘前市元長町にある国重要文化財・旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)前の県道の電線が地中化され、景観が大きく向上した。青銀記念館は市の重要な観光資源の一つでもあり、関係者から歓迎の声が聞かれている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。