青森県八戸市が市内の中高生を対象に「八戸市に住み続けたいか」を尋ねたアンケート調査の結果を10日、公表した。調査結果によると、「市外に住みたい」が38.5%と最も多く、次いで「進学や就職でいったんは市外へ出るが、最終的には八戸市に住みたい」(22.0%)、「今の場所で住み続けたい」(18.3%)となり、「八戸市に住みたい」と「市外に住みたい」がほぼ4割ずつとなった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)