青森市幸畑の陸軍墓地が何かにぎやかな感じに
道路沿いにもいろいろ出現
車の中にも出てきた!

 22日午前、ついに日本でも配信が始まった話題のゲームアプリ「ポケモンGo」。ちょうど、小、中、高校生の多くが夏休み初日(青森だけ?)とあって、青森県内でも早速、アプリをダウンロードして日中からポケモン集めをする姿があちこちに。ツイッター上では「どうせ、田舎にモンスターなんていない」と悲観的な声もあったけれど、仕事を口実に車を走らせると、いろいろなところにモンスターが。て、ちょ、会社にも何匹かいた!

 各メディアがポケモンGoの配信開始を速報したのが午前10時20分過ぎ。急ぎ、ダウンロードを試みるが、アクセスが殺到しているためかなかなか成功しない。何度か失敗し、結構な時間をかけて無事、スマホに落としてさくさく登録作業を終えると、いきなり目の前に「ゼニガメ」が現れた。早速ゲット、会社周辺にまだいるらしい。

 ツイッターを見ていると「青森は人口だけじゃなくポケモンも過疎ってるのか」「こちら青森 ポケモン絶滅」「青森みたいな田舎にポケモン出ないぞ」なんて悲観的なツイートが流れる一方「青森の恐山とかに伝説ポケモンいたりすんの?」「青森は自然がいっぱいだからポケモンも山盛りいるに違いないゾ」って期待派、「【悲報】運動会中 「先ほどポケモンGoが配信されましたが、運動会中はゲームしてるところ見つけ次第スマホ没収です」と競技中に先生よりアナウンスが流れるwww」なんて情報も。

 午後になり、外出の機会があったため、同僚の車の助手席でスマホ画面を凝視。車酔いしてちょっと気持ち悪くなりながらも、あちこちでモンスターを確認。青森市幸畑方面に向かうと、陸軍墓地に派手なマークがたくさん立っている。ポケストップやジムのようだ。でも、こ、ここって、八甲田山雪中行軍遭難者をまつっている場所ですよねwwww

 車を降りて、スマホを手に歩き回っている人たちに声をかけると、やはり「ポケモンGo」中。ゲームを始めて1〜2時間で約30匹のモンスターを集めたという大学2年生の男性は「ツイッターを見てダウンロード。結構、あちこちでポケモンGoをやっている人を見かけました」という。場所柄、ちょっと不謹慎な感じでは?との問いには「ふだん、足を運ばない人が来て、地元の歴史に触れる機会になるという点では良いのでは」と。なるほどなるほど。他にも何人か話を聞いたが、海外で起きている事故、事件などの情報が入っていることもあり「自分も気をつけて、歩きスマホもしないなど、きちんとルールを守って楽しみたい」と模範的な声が多かった。とはいえ、道すがら、スマホを手にした自転車軍団の姿も目についた。

 そうこうしている間にも次々とSNSでポケモン情報が流れてきた。マイナス面もいろいろあるが、ポケモンを探して歩くことで、運動にもなるという。家でごろごろしているお父さん、お母さんもぜひ試してもらいたいもの。ということで、事故に遭わないよう気をつけて、レアなポケモン、限定ポケモン探しに行ってきま〜す。あ、電池の消耗激しいので、予備バッテリーをお忘れなく。(C)