東研グループが贈ったベビーホタテとブラックタイガーエビで作ったパエリアを味わう親子連れと高谷社長(奥)

 青森県弘前市や東京都などで鮮魚店を営む「東研グループ」(東京都)が2019年12月から、同市豊原の「子どもレストランあっぷる」にホタテやエビなどの魚介類を贈っている。同市出身の高谷尚貴社長(49)の「子どもたちに魚介類をもっと食べてほしい」「生まれ育った地元に貢献したい」という思いから寄贈が始まった。これから月1回程度、レストランの開催に合わせて旬の魚介類を届ける。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)