冨岡村長(左)にアンコウの帽子をかぶせてもらう児童

 青森県風間浦村産アンコウの資源管理やブランド化に取り組む「ゆかい村風間浦鮟鱇(あんこう)ブランド戦略会議」(駒嶺剛一会長)は14日、風間浦小学校の児童53人にアンコウを模した帽子をプレゼントした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。