【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は14日、マレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷したバドミントンの桃田賢斗選手(NTT東日本)や日本チームのスタッフについて「速やかな回復を祈る」との談話を発表した。

 桃田選手は男子シングルスの世界ランキング1位で、東京五輪の金メダル最有力候補。同会長は「自国での東京五輪で賢斗がプレーする姿を楽しみにしている」とコメントした。

(共同通信社)