あおもり藍が糖尿病の改善につながる可能性について報告する佐々木教授

 青森県発の機能性素材として注目されている「あおもり藍」に、糖尿病の改善や予防につながるホルモン「アディポネクチン」の分泌を促す働きがあることが、東北医科薬科大学の佐々木健郎教授の最近の研究で分かった。14日、青森市で開かれたあおもり藍の利活用推進セミナーで同教授が報告した。あおもり藍はインフルエンザウイルスの感染力を弱める作用についても弘前大学などの研究によって実証されており、医薬品や健康食品などへの活用が期待される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。