「国際アルツハイマー病協会」(ADI、本部・ロンドン)が世界的に行った調査で、認知症の人を介護している家族のうち、周囲に認知症の診断を隠したことがある人は35%だったことが14日、分かった。また当事者の85%以上が「自分の意見が真剣に受け止められないことがある」と答え、偏見に苦しんでいる状況が明らかになった。

 調査は155の国・地域に住む(1)認知症の本人(2)家族ら介護者(3)医療従事者(4)一般市民―の計約7万人を対象に実施した。

 家族などの介護者に介護の影響を尋ねると、52%が健康問題、49%が仕事の問題を抱えていた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む