大勢の参加者の前で詳しく解説をしながら剪定を実演する講師ら

 青森県りんご協会(藤田光男会長)は7日、弘前市石川のリンゴ園地で「りんご新春剪定(せんてい)大会」を開いた。県内外の生産者約1300人が参加し、高品質なリンゴ生産に向けた新年の決意を胸に、剪定技術を学んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。