伊藤教育長(前列左)らに実用新案の報告をした吉野君(同中央)と母親の裕子さん(同右)
吉野君が考案した「ラクラクコンパス」。上部に補助ハンドルと持ち手が取り付けられ、使いやすく改良されている

 八戸市少年少女発明クラブの会員、吉野秀(すぐる)君(吹上小4年)が考案した簡単に円が描けるコンパスの補助具が、特許庁の実用新案に登録された。16日、吉野君は同クラブの指導員らと市役所を訪れ、伊藤博章教育長に報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)