山口代表(左から3人目)に要望書を手渡す青山副知事(同2人目)=15日、青森市の縄文時遊館

 公明党の山口那津男代表は15日、青森市の三内丸山遺跡(国特別史跡)を視察した。2020年度の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の優位性ついて、県の担当者から説明を受けた山口代表は「大いに推し出す価値がある」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)