青森県大間町に大間原発を建設中の電源開発(Jパワー)の渡部肇史(わたなべとしふみ)社長は10日、新年のあいさつのため、大間町役場を訪れた。「2020年後半」を目標としている安全強化対策工事の着手について「徐々に厳しくなっていく可能性はあるが、精いっぱい迅速に対応していきたい」とし、目標の見直しについては「今のところ考えていない」と述べた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。