会長代行の新設などを了承した自民党県連役員会

 自民党県連は15日、青森市の県連事務所で役員会を開き、任期満了に伴う役員改選で、江渡聡徳会長の再任や、会長に不測の事態があった場合に備えて会長代行を新設することを了承した。会長代行には、津島淳衆院議員が就任する予定。28日に同市で行われる定期大会で正式に決定する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)