こけし工人とのやりとりを楽しみながら、お気に入りの品を選ぶこけしファン

 青森県黒石市の津軽こけし館(福士拓弥館長)は15日、同館多目的ホールで、開館30周年の節目を祝う「アニバーサリーフェスタ」と題するこけしの展示即売会を行った。津軽系こけし工人9人がブースを設け、ファンとやりとりしながら作品を販売。多くの来場者でにぎわった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)