レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨選手(青森県八戸市出身、ALSOK)らに対する日本協会前強化本部長の栄和人氏のパワーハラスメント問題で、同選手を指導していた被害者の田南部力氏が14日、横浜市内で取材に応じ、日本協会と栄氏から直接謝罪がないことを明らかにした。「まず、そこからがスタート。加害者が被害者に謝るというのが社会の常識」と憤りを見せた。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)