缶詰を利用し、タラやトマトを煮込んだスープ(手前)。奥は缶詰に入っているスープ
完成した缶詰「八戸ブイヤベーススープ」を手にする(左から)朝岡さん、小林市長、古川さん

 八戸ハマリレーションプロジェクト、JR盛岡支社、青森県八戸市は12日、缶詰「八戸ブイヤベーススープ」を発売する。販売を前に6日、同プロジェクトの古川篤局長、同盛岡支社の朝岡正貴営業部長が八戸市庁を訪れ、小林眞市長に缶詰スープの完成を報告した。ブイヤベースの缶詰は全国的にも珍しいという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。