青森地方気象台の屋上から岩木山が見えると視程約40キロに相当する=7日

 青森地方気象台は、これまで職員が目視で観測してきた天気や雲の様子について、2月3日から自動観測に切り替える予定だ。気象衛星や気象レーダーなど観測技術の進歩で総合的に大気の状態を把握できるようになったことに伴い、気象庁が全国で進める自動観測化の一環。全国6カ所の管区気象台を除き、全国の気象台が3日から順次切り替わる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から