金融庁の有識者会議が11日に発表した、人口減少などによる地方銀行の収益減少が進んだ場合、青森県など23県で1行単独でも不採算になると試算した報告書について、青森銀行、みちのく銀行の青森県地銀2行は、内容を冷静に受け止める姿勢を示している。報告書が、金融機関の健全性維持のために経営統合も選択肢としたことには、両行とも現時点で統合に否定的だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)