成田町長(左)にリンゴ「明秋」が品種登録されたことを報告した櫻庭会長(左から2人目)、長内副会長(同3人目)、今りんご指導監
櫻庭会長が育成し品種登録されたリンゴの新品種「明秋」

 青森県板柳町の町りんご新品種育成研究会の櫻庭保夫会長(84)が育成したリンゴの新品種「明秋(めいしゅう)」が13日までに農林水産省に品種登録された。葉取りをしなくても真っ赤に色づき、冷蔵庫に入れなくても5〜6月まで食べられる。櫻庭会長は、郷土の土壌が育んだ明秋を「青森県のエースにしたい」と語り、普及拡大を願っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)